当サイトでは、インテリアデザイナーになるための方法や、実践的でおすすめな資格や効果的に学べる講座についてわかりやすく解説してきます。お部屋の内装もショップもOK!インテリアデザイナー資格ならこれ!

インテリアデザイナー資格サイトイメージ
MENU

インテリアを学ぶのに必要なセンス

インテリアを学ぶのに必要なセンス

インテリアデザイナーとしてやっていくのに必要なのは資格でも最終学歴でもなく、センスと実務経験です。

最近では個人の住宅でも既製品よりハイセンスな内容を求める人が増えており、もっと業務的な内容であればそれ専用の流儀やセンスが求められます。

そういった言葉では説明しにくいものを学ぶにはどうすれば良いでしょうか?

好きな「センス」を知る

建築や家具の知識ももちろん必要ですが、実際にものをデザインするにあたって必要なのは図面を書く能力とデザインするセンスです。

「カッコいい」「美しい」と思うものには必ずその理由があり、それを設計した人は狙ってそう作っています。

インテリアデザイナーとして独り立ちするにはかなりの分野の知識を学ぶ必要がありますから、まずはいきなり建築士や電気工事士、建造物の構造などを学ぶ前に、インテリアや家具を扱った雑誌、一軒家や店舗のレイアウト雑誌などを読み込み、「自分の好きなデザイン」を理解しましょう

それらを設計という観点から考え、図面に起こすことが目指すべきステップです。

図面に関する基礎も学ぶ

そうした意識を持って好きなデザインを考える一方で、通信講座や専門学校などで実際の作図の仕方やコンピューターソフトの扱い方を学ぶのが理想的です。

こうして基礎を学ぶことは、インテリアデザインに関して素人レベルを抜け出す一歩となります。

このように好きなものを専門的に学ぶにあたって、SARAスクールジャパンのインテリアデザイナー資格講座や諒アーキテクトラーニングの資格講座を受講するのは効率的です。

資格試験のための暗記講座ではなく、より実戦的な内容を学んでください。それは主に設計に関する内容を学ぶことであり、図面を読み、専門用語を理解し、空間を構成している要素や色の構成を理解することが含まれます。

感性は養おう

これらにデザインセンスが加わるとき、ようやく新しいものを創造する舞台が整います。突き詰めればデザインセンスは天性のものもありますが、構造や仕組みを学ぶことで自分でも考える力を養うことができます

自分の感性やセンスはデザイナーの作品を見たりギャラリーに足を運んだりして、自分で育むことができます。新しいものや評価されているものに触れて自分の思考を満たすことは不可欠です。

まとめ

細かいところもこだわらなければならないインテリアデザインでは、繊細でこだわりを貫く仕事が求められます

それも実務を重ねるにつれて自分でも習得することが可能ですので、まずはこだわりや好きなデザインを徹底的に観察しましょう。


  • TOP