当サイトでは、インテリアデザイナーになるための方法や、実践的でおすすめな資格や効果的に学べる講座についてわかりやすく解説してきます。お部屋の内装もショップもOK!インテリアデザイナー資格ならこれ!

インテリアデザイナー資格サイトイメージ
MENU

インテリアに求められている安全なデザイン

インテリアに求められている安全なデザイン

インテリアデザインに求められているのは、機能性の他に安全性が挙げられます。

安全であれば、それは快適性や心地よさにつながる空間となり、そこで過ごす人は安心を感じるでしょう。

ここでは、インテリアに求められている要素を安全という観点から考えます。

安全の定義

安全とは、人やその場にあるものに損害が生じないことであり、それが客観的にも成り立っている必要があります

そのような環境が確保されて初めて人は安心を感じるのであって、安全は客観的な視点を必要とするのに対し、安心は個人の主観に基づいていると言えます。

何かの事故などがニュースになるたびにその傾向が顕わになります。事故のニュースが流れている間は安全が確保されていないという認識は働き、一般的なレベルで不安が高まります。

しかし対策が施されたり記憶が風化すると、人々は安心を再び感じるようになります。そのため安全と安心は必ずしも一致してはいないのです。しかし損害を加えないという要素はいつも同じです。

インテリアで求められる安全

インテリアで求められている安全なデザインとは、言うまでもなくそこに住む人の安全を確保できるデザインや構造であり、強度や危険度が関係します。

家に住むのは不特定多数の人間ですので、どんな状況でもある程度共通して確保できる安全が必要です。人の動きや生活パターン、年齢別の行動パターンなどを考慮して安全が設計されます

個人差もあるので、デザインというのは往々にして万人向けになりがちです。加えて、人は思い込みで行動する傾向を持っていますので、起こり得る危険を予測した安全装置なども必要です。

代表的なのは階段の手すり、椅子や机の強度などでしょう。ごく基本的な要素ですが、これらが無ければ安全が確保できず、したがって安心感のあるインテリアとはならないでしょう。

何より重要

安全性の高いインテリアデザインを実現するには、過去に起きた事故や過失に関する情報を調べ、それに対応する仕組みを考案することが必要です。

悲しいことに対症療法的な措置を取るということになりますが、安全を軽視したデザインを生産することは後々の規制強化や禁止措置といった反動となります。

したがってデザインや表現力のみならず、極力事故につながりずらい、あるいは誤用を防ぐデザインが望ましいのです。

まとめ

時にデザインと安全は相反する要素となります。そういった制約の中で日々新しいものを要求されるデザイナーの苦労は察するに余りありますが、安全なデザインはそういった無数の努力の上に生まれています


  • TOP