当サイトでは、インテリアデザイナーになるための方法や、実践的でおすすめな資格や効果的に学べる講座についてわかりやすく解説してきます。お部屋の内装もショップもOK!インテリアデザイナー資格ならこれ!

インテリアデザイナー資格サイトイメージ
MENU

子ども向けインテリアデザインの開発手法

子ども向けインテリアデザインの開発手法

子供の成長は親を喜ばせ、子育ての期間に味わう様々な思いでは、その後の人生の宝となるでしょう。

そんな子供たちの成長に伴って、インテリアのニーズも変化します。

子ども向けのインテリアデザインを考えるにあたって必要なことは何でしょうか。

子どもの成長に合わせる

成長の変化に合わせてインテリアを形作ることや、家族とのつながりを育むことは子どもの心身の健全な成長に必要です。

海外では、比較的自前の部屋を与えられて独立するように育てていく傾向がありますが、家族や親との距離が近い日本の伝統的なインテリアは、世界に誇る美しい文化です。

そこでインテリアには、居場所を与えるための段階的な変化を付けることができます。

小さいころ

例えば、乳児の時期には当然親からの愛情をすぐに受け取れるように、とにかく一緒に過ごせる空間が必要です。初めての歩行や歩き回れるスペース、家族も赤ちゃんにすぐに触れられるオープンな空気を持ちつつも距離の近いインテリアが望ましいと言えます。

その後の乳児期では、人と関わり言葉を話すことで自我や精神の成長を行う時期であり、自然界や外の好奇心と刺激に満ちた世界を体験することが理想的です。

インテリアもおのずと開放的で人とのかかわりに向いたデザインが好ましくなるはずです。さらに成長したいわゆる幼稚園や小学校低学年ぐらいの年齢になると、単に触れてきた外の世界にある社会のルールを学ぶ必要性が生じます。

加えて自分の管理や判断力なども身に付いていくため、コミュニケーションを交わしつつ自立心を養う環境が望ましくなります

インテリアにはプライベートスペースや勉強机など、個人での学習や自立した予定の管理、他の人のプライベートスペースを重んじることを学ぶ要素を追加することが望ましいでしょう。

自立心を育むインテリア

そしてさらに思春期に差し掛かる高学年や中学生などの時期であれば、完全に独立した個室や、プライバシーを確保したスペースに自分らしい世界を構築できるような部屋を与えてもいい時が来ます。

これはあくまで提案の一つであり、部屋をどうするかやどれが一番良いかはその子どもや親次第ですが、成長の段階に合わせてインテリアに求める要素も変わってきます

そのため、年齢や時期別にインテリアに必要な要素を考え、そこからそのニーズに応えるものを追加することで、ある程度のひな型を作ることができます。それには教育方針や子どもの好みも多分に関係します。

まとめ

インテリアも子供の成長を見守っています。変化に応えるインテリアは、一個人の大切な思い出の一つとなるでしょう。


  • TOP