当サイトでは、インテリアデザイナーになるための方法や、実践的でおすすめな資格や効果的に学べる講座についてわかりやすく解説してきます。お部屋の内装もショップもOK!インテリアデザイナー資格ならこれ!

インテリアデザイナー資格サイトイメージ
MENU

インテリアデザイナーに期待されていること

インテリアデザイナーに期待されていること

インテリアデザイナーの仕事は創造性に富んだ作業が多く、自分の作品を作っていく感覚があります。

それと同時に、クライアントの要求を汲み最善の提案を行うことを目標とする接客業でもあります。自分の思い描いている空間と顧客とのイメージが重なると、この職業を選んでよかったと思うでしょう。

そんなインテリアデザイナーに期待されているのはどんなことでしょうか?

安全・快適をデザイン

基本的に、仕事内容は「安全で快適な空間をデザインすること」に尽きます。どんなに一流のデザイナーでも、参考デザインやコンセプト作品でない限り、使う人の安全性と利便性を無視してはデザインできません。

室内のデザインはそこの安全性・快適性に直結しますので、そのポイントを抜かりなく押さえたうえで想像性を発揮するなら、その仕事ぶりはいずれ評価されることになります。

今まで機能性だけが求められてきた住居やオフィスなどのインテリアもデザインやセンスが求められるようになってきました。

それに伴ってインテリアデザイナーの需要も高まっており、特に内装や建築だけでなく家具やインテリア用品のコーディネートもできる総合的なインテリアデザイナーが求められています

実は資格はなくても仕事ができる!

インテリアデザイナーになるために法的に求められている資格はありませんが、インテリア設計士やコーディネーターなどの民間資格は自分の技術や肩書を示すうえで役に立つでしょう。

しかし何より大切なのは、自分の感性を磨きそれを表現する技術を身に着けることです。インテリアデザイナーは快適な使い心地と見た目にも心地いいデザインを両立する必要があります。

それにはある程度の期間を必要とし、特にインテリアデザイナーで独り立ちするまでには数年単位の修業期間が必要でしょう。それを乗り越えれば想像的で変化に富んだ仕事が待っています

デザインの持つ力

安全なデザインや誰もが使いやすいデザインというのは時に社会の考え方をも変える力があります。それ故にデザインに関する賞は幾つもあり、それを受賞するのは名誉なことです。

しかしやはり、使っている人が温もりや優しさを感じられる空間や家具の方が、長く人に愛されるデザインとなります。いつまでも親しみを感じて使ってもらえるならその方がデザイナー冥利に尽きるというものです。

まとめ

安全性や快適なものを人は好むものです。お客様の注文に応えるのがデザイナーの仕事とはいえ、可能な限り優しさが伝わるデザインを目指すなら、最終的には多くの人に受け入れられるデザインとなるでしょう。


  • TOP