当サイトでは、インテリアデザイナーになるための方法や、実践的でおすすめな資格や効果的に学べる講座についてわかりやすく解説してきます。お部屋の内装もショップもOK!インテリアデザイナー資格ならこれ!

インテリアデザイナー資格サイトイメージ
MENU

教育機関向けのインテリアデザイン

教育機関向けのインテリアデザイン

学校や大学などの教育機関にもインテリアデザインが多分に駆使されているのをご存知でしょうか?

おしゃれなオフィスや店舗以外だけでなく、教育の現場でも空間デザインの方法は生かされ、より専門的なデザインを持って建設されています

教育機関向けのインテリアデザインはどのようなものでしょうか?

求められる条件

教育機関である学校や大学では、単に椅子や机があるというだけでなく、そこで集まって学ぶ人たちにとって学習がしやすいということが重要です。

学校では勉強に集中できる環境であればあるほど、生徒たちの成績や状態にすら影響し得るので、どのようなインテリアをデザインしていくかは非常に重要です。

また、教育機関の空間では勉強以外にもコミュニケーションやディスカッションも行われます。そういった目的に資する空間でなければならず、また不特定多数の利用にふさわしい、かつ耐えうる内容でなければなりません。

そこで、教育機関の空間をデザインする場合は「耐久性」、「公共性」、「収容性」、「機能性」、「安全性」に主眼を置いて設計されます。収納やレイアウトにも制約があり、オフィスや自宅のような自由なデザインは幾分制限されます。

学習のしやすさ

例えば教室一つとっても、何の教室なのか何人の収容を必要とするか、使用時間や管理の仕方によって設計を変えていきます。最近ではコンピューターを使った事業が普通になりつつあります。

したがって、そのための教室も標準装備になりつつあるのですが、単にパソコンを並べただけの教室から、話し合いやアイデアの共有に便利な空間デザインというものが考えられています。

パソコンを並べていくとコールセンターのような雰囲気になってしまいますし、子供たち一人一人が区切られてしまうのですが、もっと開放的な空間をデザインし、パソコンの使用も机に向かって話し合うのも柔軟に変えていけるような教室が、ここ日本でも普及しつつあるようです。

こうなると以前の殺伐とした雰囲気の教室はいずれなくなってしまうのかもしれませんが、インテリアのデザインの段階から教育を考えるという作業が行われています。

バリアフリーデザイン

学校には身体に障害を負った人もいます。そういったハンディキャップを無くし、可能な限り自立して作業を行えるよう、バリアフリーの設計も取り入れられます

段差や勾配を無くし移動を容易にすることで、どんな人でも教育に参加しやすい現場づくりが目指されています。

まとめ

教育機関ではそれ専用のニーズがあります。そのための勉強もまた楽しいものとなるでしょう。


  • TOP