当サイトでは、インテリアデザイナーになるための方法や、実践的でおすすめな資格や効果的に学べる講座についてわかりやすく解説してきます。お部屋の内装もショップもOK!インテリアデザイナー資格ならこれ!

インテリアデザイナー資格サイトイメージ
MENU

インテリアデザインの歴史と定義

インテリアデザインの歴史と定義

人が生まれてこのかた、建物に関する歴史も同じほど長く生み出されてきました。人が住むところを作る仕事は、私たちが存在してきた期間と同じだけの円熟性を持っています

インテリアデザイナーという仕事にはそれだけ重みがあり、重要な存在であると言えます。

歴史の長い仕事

インテリアデザインに関する仕事は長い歴史を持ち、古くは木や葉っぱを利用して人は住処を整えてきました。現代のようなより近代的で機能的な住居のデザインにも、かなりの歴史があります。

厳密な起源や派生の仕方には諸説があるものの、日本では古くは西暦二世紀から寝殿造などの様式が確立されており、書院造や数寄屋造などの発展を見せてきました。

世界でははるかに多くの建築・デザインの様式が確立されていき、有名なところではイタリア・ルネッサンスやイギリスのチューダーなどが挙げられます。それぞれ特定の地域で興り、それらが世界各地に地元のエッセンスを加えながら発展していきました。

インテリアは人の感性そのもの

古代にはインテリアデザイナーなる仕事は確立されていませんでしたが、その土地土地に住む人の感性や好み、機能性を反映しながら作られてきたのがインテリアデザインであり、文化や人々の持つ価値観と密接に結びついています

ですので一口にインテリアデザインといっても、単におしゃれで快適な空間を生み出すだけの仕事ではなく、後世に残る人々の住居を左右する非常に誇り高い仕事なのです。

インテリアデザインの定義とは

インテリアデザインの定義とは何でしょうか?簡潔に言うならば室内の設計や材質選択、演出を担う仕事です。想像の通りインテリアデザインの仕事には、それに従事する人や依頼する人の感性が反映され、それ故に非常にクリエイティブな仕事です。

仕事内容は無限で、取り組み方や完成までに至る過程も事実上制限がありません。芸術に似たような要素を多分に含んでおり、それ故に過去の建造物や機能のデザインを学ぶことも楽しいひと時となります。

インテリアデザインの仕事はクライアントと材料の見本を見ながら打ち合わせるだけの退屈な仕事ではなく、そして極めようと思えば簡単な仕事でもありません。

人とのコミュニケーションスキルや意思を汲む理解力、忙しいスケジュールや突然の変更が生じるタフな仕事でもあります。

まとめ

それだけにもしこの分野でスキルを伸ばすことができれば、非常にやりがいのある仕事となるでしょう。良いものは良いセンスに基づいているため、自分の仕事は唯一無二の創造性に溢れた仕事となります。


  • TOP