当サイトでは、インテリアデザイナーになるための方法や、実践的でおすすめな資格や効果的に学べる講座についてわかりやすく解説してきます。お部屋の内装もショップもOK!インテリアデザイナー資格ならこれ!

インテリアデザイナー資格サイトイメージ
MENU

カフェ向けのインテリアデザイン

カフェ向けのインテリアデザイン

店舗デザインの一つに過ぎませんが、一つのジャンルとして非常に重要なのがカフェのインテリアデザインです。

もう日本には星の数ほどのカフェがすでに存在しており、これからカフェのインテリアデザインを考えるとなると常に工夫が必要とされています。

カフェ向けのインテリアデザインを考える上で興味深い情報をご紹介します。

カフェのインテリアデザインは奥の深い仕事

おしゃれなカフェには誰もが足を運びたくなります。コーヒーを飲むだけならどこでもいいのですが、カフェはそこで時間を過ごす故にインテリアが非常に影響力を持っています

特に外国では社交や有意義な時間を過ごすための場所がカフェであり、美味しいコーヒーが出てくればそれでいいカフェとは呼ばれないのがこの世界の考え方です。

そのため、カフェのインテリアデザインを考えるうえで、そこに開業する人が求めるイメージやその地域になじむ要素などを考える必要があり、小規模ながらも奥の深い仕事です。

デザインのテーマ

日本では比較的モダンな、現代的な内装が好まれます。これは日本におけるカフェの歴史が比較的浅いためであるといわれており、それ故に清潔感や高級感が重んじられる傾向にあるようです。

しかし近年、カフェの普及に伴って個人経営のカフェも多数存在しており、インテリアデザインにもテーマを決めて考えられたカフェも多く見られるようになりました。

そこではアメリカンやヨーロッパといったイメージやテーマが存在しており、それにそって年季の入った椅子やテーブルなどを備えているところもあります。

それもオーナーとの打ち合わせの結果生まれた作品ですが、多くは国をテーマに作っている傾向があります。フランスのおしゃれなカフェ風、イギリスの渋いカフェ風、アメリカンで開放的な雰囲気など、カフェやコーヒーを嗜む国のイメージを落とし込んでいる店舗が多く見られます

日本カフェのの特徴

海外ではテーマもそうですが、比較的シンプルに内装を考えて個性を出す傾向が一般的ですので、これは異国情緒を楽しむ日本人ならではの傾向といえるでしょう。歴史の浅い日本ではよりアグレッシブで新しいものに挑戦するデザインが人気です。

何百年も使われている建物を改装してカフェを、という訳にはいかないのでそれも当然ですが、コーヒーを飲むお客様がまた来たいと思えるインテリアが望ましく、それにはシンプルや昔ながらといった変わらない美しさというものが必要でしょう。

まとめ

カフェに行く際には内装のテーマに目をとめ、細部を観察するようにするなら、その一時をより一層楽しめるでしょう。


  • TOP